トップページ»  当院のご案内

当院のご案内

当院の診療方針


 

当院の方針

 私たちは皆様一人一人にとって最良の医療を常に心掛け、あたたかく心のこもった医療に努めます。

 私たちは皆様との信頼関係を大切にし、病気や検査の解りやすい説明と承諾、診療選択の自由に努めます。(インフォームドコンセントの実践)

 私たちは最新の医学的根拠に基づく医療を行い、無駄な検査や治療は致しません。(evidence based medicineの実践)

 私たちは皆様の希望に沿った、最適の専門科、医療機関への紹介を行い、診療連携を円滑に行います。

 私たちは皆様の個人情報を保護しつつ、診療情報の公開に努め、希望により診療録(カルテ)を印刷してお渡し致します(ただし、ご本人のみに限ります)。

 

 

診療科目

内視鏡内科、胃腸内科、消化器内科、内科、漢方内科、外科、大腸肛門外科

 

 

診療時間

診療時間
9:00~12:00
15:00~18:30
▲…土曜午後 15:00~16:30
△…日曜 9:00~12:30
【休診日】 日曜・木曜・祝

◆初診の患者様用 問診票◆
ご記入の上お持ちいただければ、待ち時間を短縮することができます。
>>問診票(PDFファイル)はこちらからダウンロードできます

※PDF形式の文書をご覧頂くには、Adobe® Reader® プラグイン(無料)が必要です。お持ちでない方はこちらから入手できます。

 

 

院内・診療設備など

待合室は落ち着ける色として茶系を選びました。壁は珪藻土です。
8年経過しますが、医療機関特有の臭いは全くしません。

 

内視鏡後の休憩や点滴時に中庭を眺めながらリクライニングチェアでお休み頂けます。ぜひ、iPhoneやiPadなどご持参下さい。
 短時間の点滴などにも、使用しております。

 

内視鏡の洗浄機です。体に入る内視鏡ですから洗浄が確実でなければなりません。また、当院の洗浄機はオゾン水を用いており、洗浄後の排水も環境に優しいのです。

 

特色とする治療法など

特色
★おかげさまで開院8年を迎えました。8年間に1568件の大腸検査を行いました。最近は近隣の医療機関からの検査ご依頼も戴き、信頼に答えるべく、研鑽を積んでおります。

★症状を西洋医学の面と日本漢方の側面の両方で診察を始めると、否応なしに診療時間がかかり、丁寧な診察と評価されるようになりました。

★会社検診や健康診断で二次検査・精密検査を必要とされた方は、お気軽にご相談下さい。

★大腸内視鏡検査は一日一人に限定していますので、おトイレ使用も他の方を気にする必要がありません。

★大腸内視鏡の時に、炭酸ガスを使って腸を膨らますと、検査後の膨満感がすぐに解消されてとても楽に検査が出来ます。当院では検査後の気分不快が一例も起きていません。

★大腸内視鏡検査は、色々な流派の挿入法にとらわれず、患者さんの状態に合わせて浸水法や短軸保持法など色々な方法を取り入れています。更にあまり時間を競うような無理矢理の内視鏡挿入はしません。むしろゆっくりと無理せず検査を行っています。

★当院は入院施設がありませんので、危険と判断したポリープ切除は行わず、患者さんと相談の上、高次医療機関をご紹介させて頂いております。

★経鼻内視鏡も大好評です。中には鼻孔が狭く、経鼻内視鏡が困難な方もいらっしゃいますが、細径内視鏡なので経口でもかなり楽です。また、希望により麻酔法も施行しております。

★内視鏡検査後の休憩、点滴治療の時、気持ちよく休んで頂けるようリカバリースペースを作りました。中庭を眺めながら、ソファーで休んで頂けます。

★肛門疾患の治療は基本的に他の方に解らないように考えております。また、出来るだけ手術をしないのが院長の基本方針です。

★ジオンという痔核を注射で治す治療法が当院で行えるようになりました。全例ではありませんが、適応症例には日帰り手術を行っております。入院が必要な場合は関連病院に院長が出向き手術しております。詳しくはHPの内痔核治療法研究会をご覧下さい。

★医院の駐車場を建物裏手にし、患者さんが気軽に来院できるようにと考えました。