トップページ»  初診の方へ

初診の方へ

初めて診察を受ける方へ

★胃カメラ検査や大腸内視鏡検査で辛い思いをした方、二度と検査を受けたくないと思う方はたくさんいらっしゃいます。しかし検査を必要とされたり、本当は受けなければならないと思っている方もたくさんいらっしゃいます。中には何の苦労もなく平気で検査を終える方もいます。どのようにしたらあなたが楽に検査が出来るかを一緒に考えましょう。検査を楽にうけるあなたならではのコツがあるものです。以前、検査を受けた方はどこが辛かったかをメモしてご来院下さい。
★おしりの病気で悩んでいるけどなかなか病院にかかる勇気の無い方はたくさんいらっしゃいます。おしりを見せるのも恥ずかしい。もし近所の人に見られたり会ったりすると恥ずかしい。まして肛門専門と看板があると入りずらい。車が駐車しているだけでも見られていそうで心配。外科出身の先生にすぐ手術といわれたらどうしよう・・などなど。そんな方がいらっしゃいましたら、まずはご相談下さい。どのようにしたらあなたが楽に生活を過ごせるかを一緒に考えましょう。最近は注射で痔を治せるようになってきました。

★当院の特徴
 1.専門は胃腸科内科、消化器内科です。
   生活習慣病、高血圧症、糖尿病、高脂血症、甲状腺疾患、呼吸器、アレルギー疾患
   頭痛外来、禁煙外来も診療しております。
 2.漢方医療と西洋医療の統合治療により予防医学や体質改善などを薦めています。
 3.内視鏡(胃カメラと大腸カメラ)の検査、診断、ポリープ切除(日帰りできるもの)
   経鼻内視鏡、ピロリ菌感染診断、大腸無痛挿入法の工夫、拡大観察と特殊光源観察
 4.肛門診療、痔核の程度により日帰り手術に対応しています。
 5.すり傷や切り傷の簡単な縫合ですむ小外科に対応しています。
 6.乳腺、甲状腺、腹部の超音波検査、頚動脈の動脈硬化検査に対応しています。
 7.レントゲンにより骨粗鬆症スクリーニング検査を行います(当日結果判定)。
 8.各種予防接種、市健診、会社健診、二次健診の精密検査相談。
 9.地域診療所、高次病院(大学、がんセンター、済生会、NHO病院)との医療連携に対応。
 

 

診察対象となる症状

★診察対象となる症状は全てです
 最近の患者さんを診察していますと、胃腸科の検査に異常がないのに胃腸や消化器症状を訴える方が増えています。それは神経症だったりします。胃が痛いと来院して狭心症だった方もいます。その反面、胃腸症状でなく、血液検査等から消化器疾患(肝臓病など)を発見することもあります。怪我の傷が治りにくく、糖尿病を発見したこともあります。
 つまりどんな症状でもあらゆる疾患の可能性が考えられるのです。私たち町医者(かかりつけ医)はいろいろな病気を考えられることが必要とされています。ですから、表記している専門科(胃腸科・消化器科など)に限らず、何か心配な症状が起きたら、いつまでも放っておかずに来院して欲しいのです。
1.続く症状をいつまでも放置しないこと
2.きちんと同じ医療機関にかかり、経過を見せること
3.心配や考えていることをきちんと医師に伝えること
4.一度きりの症状でも重い症状の時は受診すること
5.すぐに医者を変えないこと(ドクターショッピング)
です。
もちろん、消化器専門の医師に心筋梗塞の急性期の治療は困難です。あらゆる疾患を考え、自分の手に負えないと判断したら、早急に専門病院や救急病院に紹介する。そのように考えて診療しています。

 

 

診察・検査の進め方

★初診の方の待ち合い時間を短縮する目的で、当院の問診票をダウンロードできるようにしました.是非ご記入の上、来院してください。
★診察をご希望の方は、次の事柄をメモにしてご準備下さい。(聞き忘れ、伝え忘れを防ぐ良い方法です)
1.一番辛い症状(主訴といいます)と随伴症状(せいぜい2つ3つが良いです)を教えて下さい
2.主訴はいつから出てきましたか(急性か慢性か)
3.今回の病気に関して治療経過を教えて下さい(他の医療機関での治療や診断、市販のお薬を使った場合など)
4.あなたの体質や病歴を教えて下さい(アレルギーや手術歴、現在服用している血圧の薬など)
5.あなたが一番不安に感じていることや要望を簡潔に箇条書きにして下さい
以上をメモにして受診しますと、時間の無駄なく、要領よく診察を行うことができ、必要な検査や治療が選択できます。
★検査(二次検診など)をご希望の場合
初診で当日に検査を希望なされてもその日の検査予約件数などの都合ですぐに検査が受けられないことがあります。
したがって、検査予約のお電話なり、ご相談を事前にして頂く方が返って効率的です。

 

 

診察所要時間・費用

 当院では電子カルテを使用していますので、診察時間は多少長めです。また、院長の方針で一人一人にきちんとした診療を心掛けています。お話を良く聞く診療を心掛けております。診察後の待ち時間(会計)はかえって短いと思います。
 再診に関しては次回の診察予約が出来ますので、当日の急変患者や予定外患者、検査時間の延長の場合を除き、待ち時間は短くできるものと考えます。

 

 

守秘義務と個人情報について

☆例えばあなたが胃内視鏡で悪性疾患を発見されたとします.人によっては家族であっても知られたくない。ご主人には知らせるが親には当面心配をかけたくない。など、生活、家庭環境によってあなたの病歴情報を漏れされたくないことがあります。当院では初診時の問診票に悪性疾患だったときに本人も含めて(本人こそ知りたくない人もいます)どの範囲まで説明をしてもよいのか確認しています。もちろん通院中に考えが変わった時はお知らせください。
☆保険会社の問い合わせなどの場合、診療情報は本人の同意書が無い場合、お断りします。
☆ご家族の希望で身内の方の病状を聞きに来られても、ご本人と一緒、またはご本人の同意書(病状を説明しても良いとの内容を記載)が無い限り、お答え致しません。未成年の場合、保護者にのみ説明します。